読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鏡の中のオバ肌対策

40代ほんわか主婦がわりとどうでもいいことやコスメとかサプリの情報をのんびりと更新しています。

本日も私が知ってるいきいき素肌になるケアについて綴ってみた

素人ですが、サーチエンジンで集めていた情報ですが、「プラセンタ含有の美容液には表皮にある基底層の細胞分裂を活発にする効用があり、肌の代謝のリズムを正常にさせ、女性の大敵であるシミが薄くなったり小さくなったりするなどのシミ消しの効果が大いに期待されています。」のようにいわれているとの事です。

ところが私は「基礎化粧品の中でも美容液といえば、割高でなぜか高級な感じです。加齢とともに美容液への好奇心は高まりますが、「贅沢品」であるとか「まだ早い」などと迷っている方は結構多いかもしれません。」な、考えられているとの事です。

なんとなく文献で調べた限りでは、「成人の肌の不調が起きる原因のほとんどはコラーゲンが不足していることによるものと考えられます。皮膚のコラーゲンの量は年ごとに低下し、40代の時点で20歳代の頃のおよそ50%くらいしかコラーゲンを合成できなくなります。」と、結論されてい模様です。

素人ですが、ネットで探した限りですが、「優れた保水力を持つヒアルロン酸が真皮中で水分をいっぱいに保ち続けてくれるから、外側の世界が種々の変化や緊張感で乾燥することがあっても、肌はそれほどのダメージを受けずにツルツルの滑らかないい状態でいられるのです。」だと結論されていと、思います。

今日サーチエンジンで調べた限りでは、「毛穴のケアの仕方を尋ねたところ、「毛穴を引き締める効果を持つ質の良い化粧水でケアする」など、化粧水を重要視してお手入れを実行している女の人は全回答の25%ほどにとどめられることとなりました。」と、いわれているそうです。

なんとなく検索でみてみた情報では、「まず第一に美容液は肌を保湿する効果が十分にあることが一番重要なので、保湿のために働く成分がどの程度含まれているが確認するのがいいでしょう。諸々の製品の中には保湿機能だけに力を入れているものも存在しています。」だという人が多いみたいです。

今日文献でみてみた情報では、「美容液というアイテムは肌のずっと奥にまで浸透して、肌を根本的な部分より活性化してくれる栄養剤の働きをします。美容液の重要な役目は、他の化粧品では届くことができない「真皮」まで栄養素をきちんと運ぶことです。」な、考えられているとの事です。

さて、今日は「よく知られていることとして「高価な化粧水をちまちま使うのは不正解」「リッチにたっぷりと使うのが理想的」という話を聞きますね。確かな事実として洗顔後につける化粧水の量は少量よりたくさん使う方が効果が実感できます。」のようにいう人が多いらしいです。

本日ネットで調べた限りでは、「セラミドは肌の保水といった保湿の機能の向上とか、皮膚から水分が逃げてしまうのを着実に食い止めたり、周りから入る刺激あるいは細菌の侵入などをきちんと防いだりする作用をしてくれます。」と、解釈されているようです。

例えば今日は「洗顔料による洗顔の後は何も手をかけないでいると化粧水の肌への吸収率は減ります。また石鹸などで顔を洗った後がもっとも乾燥が進むので、できるだけ早く保湿性のある化粧水を肌に与えないと乾燥が加速してしまいます。」のように結論されていみたいです。