読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鏡の中のオバ肌対策

40代ほんわか主婦がわりとどうでもいいことやコスメとかサプリの情報をのんびりと更新しています。

とりあえずきれいな肌を作るケアについて情報を集めています。

それはそうと私は「皮膚表面には、ケラチンという硬いタンパク質からできた強い角質層が覆うような形で存在しています。この角質層を構成する角質細胞の間を埋めるように存在するのが「セラミド」と呼ばれている脂質の一つです。」と、公表されているようです。

私がサーチエンジンで集めていた情報ですが、「「無添加が売りの化粧水を使うことにしているので恐らく大丈夫」と考えている方、その化粧水は間違いなく無添加なんでしょうか?一般にはあまり知られていませんが、様々な添加物の1つを入れないだけでも「無添加」の製品として許されるのです。」と、公表されているとの事です。

私が色々調べた限りでは、「美容液から思い浮かぶのは、価格が高くなぜかハイグレードなイメージを持ちます。年齢を重ねるほどに美容液の効果に対する興味は高まりはするものの、「贅沢品」とか「まだ早い」などと今一つ踏み出せない女性は多いのではないかと思います。」と、結論されていらしいです。

素人ですが、文献で探した限りですが、「美白のためのスキンケアに気をとられていると、知らず知らずのうちに保湿が大切であることを失念してしまったりするのですが、保湿も十分に取り組まないと期待ほどの成果は得られないなどというようなことも考えられます。」と、提言されているようです。

そうかと思うと、私は「水の含有量を除外した人間の身体の50%はタンパク質により占められ、そのうちのほぼ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンが担う重要な機能は身体の皮膚や筋肉、内臓、骨などを構築する原料となる所です。」な、結論されていそうです。

たとえば今日は「保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲン&エラスチンによって作られた骨組みのような繊維質を充填するような形で分布し、水を抱える働きによって、たっぷりと潤いに満ちた贅沢な張りのある肌に整えてくれるのです。」のように解釈されているとの事です。

それはそうと「一口に「美容液」と言っても、様々な種類が存在しており、ひとまとめに定義づけてしまうのは出来ませんが、「化粧水というアイテムより美容成分がブレンドされている」という意図 にかなり近いかもしれません。」のようにいわれている模様です。

それはそうと私は「成人の肌の悩みのきっかけの多くはコラーゲン量の不足によると考えられます。皮膚のコラーゲンの量は年々低下し、40代の時点で20歳代の時期の50%くらいしかコラーゲンを作り出すことができないのです。」と、いう人が多いようです。

なんとなくサイトで集めていた情報ですが、「セラミドを有するサプリや健康食品を毎日継続的に体の中に取り込むことによって、肌の水を抱える能力が更にパワーアップし、細胞を支えているコラーゲンを安定な構造にすることだって可能になるのです。」な、結論されていそうです。

素人ですが、検索で調べた限りでは、「美容液を塗布したからといって、必ず色白の肌が手に入るとの結果になるとは限りません。毎日のしっかりとした紫外線対策もとても重要です。できるだけ日焼けを避ける手立てを予めしておくことが大切です。」のようにいわれているそうです。